広島牡蠣養殖発祥の地、船越町の元祖広島かき 船富水産 広島市安芸区船越南5丁目4-29-2

船富水産 〒730-0843広島市安芸区船越南5丁目4-29-2 TEL:082-847-3011FAX:082-847-3022 営業時間:AM9:30~PM6:00
牡蠣

基本の下ごしらえ

生食用のかきを召し上がりになる際は、洗浄を真水のみで行うと急速に鮮度を低下させますので、水1Lに対して約20g(約2%)の塩を加えた食塩水で振り洗いをしてください。

焼き牡蠣 (殻付き)

炭火でじわりと焼くと最高ですが、ガスやカセットコンロでも十分本格的な焼き牡蠣が できあがります。『グツ、グツ』とあふれ出す牡蠣汁を「熱っ」とすすりながら焼きたてを 食べるのが最高です!美味しそうな牡蠣の香りが楽しめ、本来の牡蠣の旨味を味わえる逸品です。
また、レンジでも簡単に作れます。

■材料(2人分)

  • 殻つき牡蠣 10個程度
  • 風味付 ぽん酢、レモン、ゆず、すだち等
1.牡蠣の殻を洗う!
たわしやブラシをつかって、牡蠣の表面を洗います。
2.牡蠣をアルミホイルでくるむ!
牡蠣殻の深い方を下にして、アルミホイルでふんわりとくるみます。
3.炭火やコンロで焼く!
炭火やコンロに焼き網を敷き中火で焼きます。
4.アルミホイルを開いて殻をはずす!殻の隙間に牡蠣ナイフなどを差し込んで殻をはずします。
5.お好みの風味をつけ、出来上がり!ゆず、かぼす、レモンなどを軽く絞ってお召し上がりください。

電子レンジでは上記の2と3の工程を下記のようにしてください。
2.皿にのせてラップでくるむ!深めの皿に殻の深みがある方を下にしてラップをかけます。
3.電子レンジで加熱!電子レンジ(500W)で加熱してください。殻付きかき5-6個に付4-5分程度。

牡蠣のゆずぽんおろし(生食用)

超簡単!牡蠣、本来の味がお楽しみ頂けます!

■材料

  • 牡蠣
  • 大根おろし
  • ポン酢
  • ゆずの果汁し
  • ゆずの皮
  • 薬味ネギ
1.大根をおろします
大根を水分少なめにおろします。
2.ポン酢にゆずを加えます
ゆずの果汁をポン酢に加えます。皮のすりおろしを加えます。
3.薬味ネギとゆずの皮を添えます
大根おろしに、ポン酢を加え、ネギをゆずを添えます。

蒸し牡蠣(殻付き)

電子レンジ、蒸し器で簡単に蒸し牡蠣ができます。
本来の牡蠣の塩味と旨みだけのお手軽料理です。

■材料(4人分)

  • 殻つき牡蠣 20個程度
  • 風味付 ぽん酢、レモン、ゆず等
1.牡蠣の殻を洗う!
たわしやブラシを使って、牡蠣の表面を洗います。
2.牡蠣をお皿に並べる!
殻の深い方を下にして、耐熱の皿に並べます。牡蠣とお皿全体をふわりとラップします。
3.レンジで調理する!牡蠣1個につき500Wのレンジで約1分を目安に加熱します。
4.ラップを取り除いて殻をはずす!殻の隙間に牡蠣ナイフなどを差し込んで殻をはずします。
5.お好みの風味をつけ、出来上がり!お好みで、ゆず・かぼす・レモンなどを軽く絞ってお召し上がりください。

※3の工程は蒸し器でもOK!

牡蠣のカリカリ焼き(殻付き)

手作りのカリカリ衣をのせ、オーブントースターで焼くだけの簡単料理。
手作りの衣が優しく牡蠣を包みます。
カリカリ衣を工夫するといろんな味わいが楽しめます。

■材料(4個分)

  • 殻付牡蠣 4個
  • 手作り衣 パン粉:適量、刻みバジル:小さじ1、
     粉チーズ:小さじ4、オリーブ油:小さじ4、
     塩コショウ:適量
1.牡蠣の殻をはずします
牡蠣はいったん殻からはずして、塩水で洗い水気はキッチンペーパーなどで拭き取っておきます
2.手作り衣を作る!
パン粉:適量、バジル(刻み):小さじ1、粉チーズ:小さじ4、オリーブ油:小さじ4、塩コショウ適量 混ぜ合わせます。
3.焼きます
水気を取った牡蠣を、牡蠣殻の上にのせ、手作り衣を覆うようにのせて、オーブントースターで2分~3分焼きます。
4.彩りをそえて盛り付けます

牡蠣フライ

牡蠣の定番メニューの牡蠣フライ。
牡蠣をふんわりとした衣が包み、牡蠣の旨味凝縮した逸品です。

■材料(4人分)

  • むきみ牡蠣 25個程度
  • 卵 1個
  • 小麦粉(※だんご粉、片栗粉、上しん粉)
  • パン粉
  • ソース(タルタル、ウスター、ケチャップ等)
1.牡蠣の下ごしらえ!
塩水で牡蠣の汚れやぬめりを軽くとります。キッチンペーパーで軽く押さえる様にして水気を充分にとります。
2.衣をつける!
小麦粉を十分付け余分な粉は落とします。溶き卵にくぐらせてパン粉をつけます。
3.油で揚げる!
180度に熱した油に静かに入れて揚げます。
4.盛り付け&ソース!千切りキャベツなどやトマトの野菜と一緒に盛り付けをします。

※だんご粉、片栗粉、上しん粉を混ぜるとカラっとカリッと仕上がります!

牡蠣のソテー(無選別カキ)

■材料

  • むきみ牡蠣 10~20個
  • 片栗粉(だんご粉、上しん粉でも可)
1.牡蠣を洗う!
塩水でやさしく洗います。キッチンペーパーなどで余分な水気をとります。
2.下準備!
牡蠣に軽く片栗粉をまぶし余分な粉は落とします。片栗粉で牡蠣の旨みを閉じ込めます。
3.牡蠣を焼く!
フライパンに油を入れ、両面、カリッと焼くだけ。

※少し焦げ目がつく程度がGood!!

牡蠣の佃煮(無選別カキ)

ご飯のお友に甘辛に煮上げました。

■材料(4人分)

  • むきみ牡蠣 10~20個
  • たれ 醤油1/4カップ、白砂糖大さじ1
     酒1カップ、生姜 一片
1.牡蠣を洗う!
塩水でやさしく洗います。キッチンペーパーなどで余分な水気をとります。
2.たれを作る!
しょうがは、皮付きのまま千切りにします。醤油以外のたれの材料を火にかけて沸騰させアルコールを飛ばします。沸騰した後、最後に醤油をいれます。
3.牡蠣を煮る!たれの中に牡蠣を入れ、『あく』をとりながら煮詰めます。たれが半分ぐらいの量まで煮詰まればできあがりです。

※商品として販売している佃煮の原材料や分量は異なります

牡蠣鍋(無選別カキ)

冬の定番料理、牡蠣の寄せ鍋。

■材料(4~6人分)

  • むきみ牡蠣 30個程度
  • だし昆布
  • 豆腐
  • くずきり
  • 野菜 白菜、にんじん、しいたけ、
     ねぎ、水菜など季節の野菜適宜
  • 調味料 酒:大さじ4、みりん:大さじ2、
     うすくち醤油:大さじ2、塩少々
  • お好みで ぽん酢、薬味(七味、大根おろし、もみじおろしなど)
1.牡蠣を洗い下ごしらえ
塩水で牡蠣の汚れやぬめりを軽くとります。
2.だしをとる!
別鍋に水をカップ8入れ軽く表面を拭いた昆布を一枚をいれます。10分~15分くらいして昆布がやや柔らかくなったら火にかけます。沸騰する直前に昆布を取り出し一度火を止めます。
3.野菜の下ごしらえ!
白菜・にんじんなどの野菜類を切り大皿に盛り付けます。
4.鍋つゆをつくります
だしを火にかけ調味料を入れ鍋つゆを作ります。
5.土鍋で煮ます
鍋つゆを土鍋にあけて火にかけます。火の通りにくい野菜などから入れます。牡蠣は鍋つゆが沸騰してからいれます。

牡蠣といったら広島風土手鍋(無選別カキ)

こってりな味噌味で体が温まります。

■材料(4~6人分)

  • むきみ牡蠣 30個程度
  • だし昆布
  • 豆腐
  • 野菜 白菜、にんじん、ごぼう、しめじなど
  • 調味料 味噌200g、砂糖大さじ2、みりん大さじ2、
     酒大さじ1、すりゴマ、一味唐辛子
1.牡蠣を洗い下ごしらえ
塩水で牡蠣の汚れやぬめりを軽くとります。
2.だしをとる!
別鍋に水をカップ8入れ軽く表面を拭いた昆布を一枚をいれます。10分~15分くらいして昆布がやや柔らかくなったら火にかけます。沸騰する直前に昆布を取り出し一度火を止めます。
3.野菜の下ごしらえ!
白菜・にんじんなどの野菜類を切り大皿に盛り付けます。
4.あわせ味噌をつくります
調味料をあわせ、練り味噌を作ります。すりゴマを加えるとまろやかになってコクが出ます。唐辛子もお好みで加えます。土鍋のふちに練り味噌を土手のように盛りあげて塗りつけます。
5.土鍋に入れて煮ます
鍋つゆを味噌の下2センチぐらいまで入れて火にかけます。火の通りにくいものから野菜などを入れます。煮立ったら味噌を少しづつ溶きながら牡蠣を加えます。味噌の土手を崩しながら好みの味加減でいただきます。

炊き込み牡蠣飯(無選別カキ)

季節の炊き込みごはん。

■材料(3合分)

  • むきみ牡蠣 25~30個程度
  • だし昆布
  • お米 3カップ
  • 季節の野菜 しめじ、ごぼう、にんじん等
  • 調味料 醤油大さじ1.5、酒大さじ1、
    みりん大さじ1、砂糖大さじ1、塩小さじ1、しょうが
  • 彩り 浅葱や三つ葉など
1.下ごしらえ!
お米を研いでざるにあけて20~30分おきます。昆布を水につけておきます。塩水で牡蠣の汚れやぬめりを軽くとります。にんじん、ごぼうは千切りにします。しめじは房をバラバラにします。
2.だしをとる!
10分~15分くらいして昆布がやや柔らかくなったら火にかけます。沸騰する直前に昆布を取り出し一度火を止めます。だしに使った昆布を細くきざんで一緒に炊き込んでもおいしいです。
3.牡蠣を煮る!
だしに調味料を入れ煮立たせます。煮立ったら、牡蠣をいれます。牡蠣に火が通ったら、粒の小さいものを残して皿などに取り出しておきます。小さい粒はご飯用の旨みに煮汁にそのまま残しましょう。
4.炊飯器で炊く!
炊飯器に研いだ米、野菜をいれます。煮汁(小さい粒の牡蠣ごと)をいれます。煮汁も含めて水の量を3カップの目盛になるようにし、炊きます。
5.蒸らす!
炊き上がったご飯を軽く混ぜ、取り出しておいた牡蠣を上にのせて10分ほど蒸らします。蒸らすことで取り分けて置いた牡蠣にも味がなじみます。
6.盛り付け!
ご飯茶碗などに盛りつけ仕上げに浅葱や三つ葉などを彩りに散らします。

牡蠣ぎょうざ(無選別カキ)

餃子に丸々1個の牡蠣を入れて焼く。
にんにくは使わず、しょうがと青しその風味であっさり和風の餃子です。

■材料(4人分 24個)

  • 小粒牡蠣 26個
  • 餃子の皮 24枚
  • 青しそ 6枚
  • 下味用 おろししょうが:小さじ1、
    オイスターソース:小さじ1、
    片栗粉・・・大さじ1
  • つけだれ しょうゆ、ラー油、酢などお好みで
1.下準備!
塩水で牡蠣の汚れやぬめりを軽くとざるに上げて水を切ります。軽く塩をふり、キッチンペーパーで余分な水気をとります。
2.下味をつける!
牡蠣のうち、2粒を包丁でたたきます。片栗粉以外の下味用調味料と、たたいた牡蠣を混ぜ合わせた中に、1の牡蠣を漬け合わせます。5分ほどなじませたら最後に片栗粉を入れます。
3.餃子を作る!青しそを皮の上に敷き、その上に2の牡蠣をのせ扇状にしっかり包みます。
4.焼く!
油を引いたフライパンを熱します。餃子を並べたら、水を餃子の鍋に入れます。ふたをして蒸し焼きにします。水分がなくなるとすぐに焦げ目がつき始めます。好みの焼き加減で火を止めます5.盛り付け
焼き目が上になるように盛り付け、好みのつけだれを添えます。

牡蠣のチリソース炒め(無選別カキ)

海老チリが美味しいんだから、きっと牡蠣チリも美味しいはず、と思って作ってみました。

■材料

  • 牡蠣 20個
  • 長ネギ 1/2本
  • しょうが 1片
  • にんにく 1/2片
  • チリソース スイートチリソース:大さじ2
     ケチャップ:大さじ1、砂糖:小さじ2、
     酒:大さじ1、醤油:大さじ1、 水:1/2カップ、
     片栗粉:大さじ1、(辛味調整で豆板醤)
1.牡蠣の準備
むきみ牡蠣は、洗ってざるにとり水気をしっかり切ります。キッチンペーパーで水気をふき取り片栗粉を軽くまぶします。
2.野菜を切ります
ネギ、しょうが、にんにくは、みじん切りにします。
3.チリソースの調味料をあわせておきます
片栗粉以外のチリソースの調味料をあわせておきます。片栗粉は倍量の水で水溶き片栗粉を用意しておきます。
4.牡蠣を炒めます
しょうが・にんにく・長ネギをいれ焦がさないように炒めます。香りがたったら、牡蠣をいれ炒めます。牡蠣に半分火が通ったら、3のあわせ調味料をいれます。
5.とろみをつけます
ソースがふつふつと煮立ったら、塩コショウ(分量外)、豆板醤(分量外)で味を調えます。水溶き片栗粉を加えてとろみをつけます。