舩富水産

お問い合わせ

ロープ養殖による環境保護

POINT

広島牡蠣養殖発祥の地といわれる広島市安芸区船越町。
先祖代々の養殖業を継承している舩富水産代表、
舩井富美雄のこだわりは「自然のままの正直でうまい牡蠣づくり」。
広島生まれの広島育ちの牡蠣、本来の美味しさを実現するために、
手間ひまをかけ続けています。

牡蠣の成育と環境を考え、
県内特有の方法よりロープ養殖に変更しました。
ロープの間にホタテ貝を縦に挟むことにより、
牡蠣に対し潮の当たりが良く
1粒1粒に豊富なプランクトンがいきたわります。
また、ロープ養殖により今までのパイプを
使用することが無いため環境にも配慮出来ます。

潮通りを良くするため、
牡蠣を筏に吊るす本数を減らし長さを短く工夫しています。
そのため、量生産は出来ませんが牡蠣の成育を待ち
「自然にさからわない」の意気込みで行っています。